JA長野厚生連 富士見高原医療福祉センター 富士見高原病院  

ベトナムの看護師候補生が国家試験に合格しました。

当院では、EPA(経済連携協定)に基づき、平成20年度から外国人の看護師・介護福祉士候補生を受け入れています。今回、ベトナムからの看護師候補生のファムさんが、看護師国家試験に合格しました。

「おめでとう!」「本当によくがんばって勉強したね~」と、病院スタッフから祝福を受ける、ファンさん(中央)。 向かって左から統括院長矢澤正信 、日本語教育係、ファンさん、看護師国家試験教育係、統括看護部長
ファンさんの合格を共に喜びます。「お母さんに早く合格の報告をしたい」と笑顔で語ってくれました。
地元ケーブルテレビ局 LCV放送のインタビューに答えます。「日本に少しでも長くいたいから、やさしい看護師を目指してがんばります!将来は訪問看護師の認定資格も目指したい」と抱負を語りました。
「おめでとう!4月からもよろしくね。」と、 共に働く仲間からも、祝福を受けました。