border

メインテーマ:『地域で安心して暮らせる医療と介護』

border安達亙
    第73回長野県農村医学会総会学会長
    JA長野厚生連 富士見高原医療福祉センター
    富士見高原病院 院長 安達 亙



  •  
  •  
  •  第73回長野県農村医学会総会を、平成28年7月9日土曜日に、富士見高原医療福祉センター富士見高原病院でお世話させていただくこととなりました。
     今後到来する高齢化社会に向けて、地域医療ビジョン、地域包括ケアシステムが計画され、これらの計画に基づいて今後の地域医療・介護が行われていくようになると予想されます。今後、地域医療において介護は非常に大きなウエイトを占め、質の高い医療と介護、そしてその連携が、地域住民の生活の安全、安心につながります。このような観点から、今大会では「地域で安心して暮らせる医療と介護」をテーマといたしました。医療における様々な問題点、介護における問題点、そして両者の連携についての問題点などが発表討論される有意義な会を目指したいと思っております。
      今大会では特別講演1題とランチョンセミナー2題を予定いたしました。特別講演は東京逓信病院泌尿器科部長の鈴木基文先生に高齢者の排尿の自立支援に向けての内容をお話いただく予定です。科学的な分析が行いにくい介護保険領域で、多くの正確なデータの集積・解析から得られた内容のお話しになると思います。ランチョンセミナーⅠでは、生活習慣病として重要な糖尿病の食事に関して新しい視点でお話しいただく予定です。またⅡでは、最近めまぐるしい進歩を遂げている血管外科に関して、その進歩を発表いただく予定でおります。
     会員の皆様方より多くの一般演題を応募していただき、実りある会となるよう準備していきたいと思っております。多くの方々のご参加をお願いいたします。
  • 平成28年2月吉日
border

参加申込み一般演題



参加申込み高原病院