本文へスキップ

〒399-0214 長野県諏訪郡富士見町落合11100番地

TEL:0266-62-3030(代表) 
FAX:0266-62-5188(代表)
 

予約センター:0266-61-0489(直通)



                    ホーム日本からスラマッシアン(こんにちは)
看護師
Indonesian language>>


  富士見高原医療福祉センターでは、日本とインドネシアの経済連携協定に基づき、インドネシアから来日して看護師、介護福祉士として働く若者たちがいます。彼等は、将来は母国インドネシアで活躍できるように、日本の最先端医療と高齢者看護を一生懸命学んでいます。彼等の日本での仕事ぶりと、暮らしの一端を紹介いたします。


老人保健施設 あららぎ 介護福祉士
アヤットさん(アヤトゥロ エル マリク ヌルドゥハ さん)

  2011年に来日して老健「あららぎ」で働き、3年後の 2015年に日本の
介護福祉士国家試験に合格しました。
 インドネシアでは看護師として大規模病院で働いていました。
 老健「あららぎ」では、国家試験の勉強と日本語を教えてくれる 先生がいました。
仕事の仲間もわからないことを聞くと丁寧に教えてくれました。おかげで、最短で
国家試験に合格することができました。

 私が働く老人保健施設とは、介護を必要とする高齢者を支援して家庭へ帰ることができるように支援をしている施設です。ちなみに日本の平均寿命は83歳です。主な仕事は、食事やお風呂など、朝起きてから寝るまでの生活全般のお世話です。その中で、日中はレクリエーションを行ないリハビリにつなげています。日本語での介護記録も大切な仕事の一つです。ちなみにレクリエーションでは、日本の古い唄を歌います。私は「リンゴの歌」と「青い山脈」が好きです。とてもいい歌です。

日本の老人保健施設は、私が働いていたインドネシアの病院と比べて一人一人とゆっくり向き合う時間があるため、日本の家族形態や人間関係の研究ができます。これからも高齢者介護の勉強をして、いつかインドネシアに帰国した時にはプロフェッショナルナースを養成する専門学校で教えたいです。

休日は、一ヶ月に約10日間あり希望の休みもとれるので、プライベートも充実しています。ただ、私は家でのんびりして過ごすことが多く、日本のゲームが好きで、特にNintendo3DSのモンスターハンターにはまっています。これは日本の仲間もできて、日本語の勉強にもなります。
  私は、イスラム教徒なのでお祈りは欠かせません。休日は決まった時間に、仕事のある時は休み時間にお祈りをします。日本人の職場の同僚も私の宗教を理解して、お祈りをする部屋も用意してくれています。日本人はほとんど無宗教ですが、神様と仏様を信じて、先祖をとても大切にする文化があります。
 
これからも日本で働き学び、そしていつか母国インドネシアと家族そしてイスラムのために役に立てる自分になりたいと思います。

富士見高原病院 手術室 看護師
アンディさん(アンディ プラセティヨ さん)

 私は、ジャワ島東部の町テレンガラック出身で、インドネシアでは
バリ島の病院などに勤めていました。2009年にEPA看護師候補者
として来日し、3年後の2012年に日本の看護師国家試験に合格しま
した。日本での看護師国家試験の勉強は、医師と看護師が教えてくれま
した。日本語を早く覚えるためにも、職場の人や町の人とも積極的に話を
するようにしました。さらに、地域の日本語学校や日本語教室にも通いま
した。

 来日してから結婚しましたが、相手は、同じ年にEPA看護師候補者の女性です。お互いに勤める病院のイベントで知り合い、いまは二人で富士見高原病院に勤めています。同僚や院長先生からも祝福され、うれしかったです。
彼女は病棟で勤務していますが、休みはお互いにあわせています。買い物は二人で近くのスーパーにも行きますが、ハラール食品も月1回の訪問販売で買っています。

 仕事は病院の手術室・中央材料室での業務です。主には手術のアシスタントから医療器具の事前準備と片付け、そして患者さんへの手術の事前説明です。患者さんには、必ず自己紹介をしてから手術の説明をしています。その手術説明の取組みについて、長野県農村医学会でも発表をしました。

 超高齢化社会の日本では、80歳以上の方にも手術をします。日本には国民皆保険制度という、しっかりとした医療制度があるため、長寿社会が実現できたのだと思います。長野県諏訪地域は、長寿日本一と言われていますが、医師や看護師も非常に献身的に患者さんのために働いています。また、私は身近で最先端医療が経験できるので、今後も看護技術や知識の習得につとめさらなるレベルアップをしたいと思います。

  いつか、インドネシアに帰ったときは、日本で習得した知識と技術を伝えたいです。そして日本で学んだ保険制度がインドネシアで実現するように尽力したいと思います。
インドネシア看護師    
 
 日本は、春には桜、秋は紅葉、そして冬は
雪が降り四季折々の景色がとてもきれいです。
そして富士見高原医療福祉センターがある
長野県富士見町は、富士山が見える高原の
自然豊かな町です。東京から電車で2時間で、
人口は約1万5千人です。富士見高原医療
福祉センターは町の中心部に位置し、駅から
は徒歩8分、二つのスーパーマーケットと
ショッピングモールも徒歩5分から10分の
場所にあります。そのため車が無くても生活
に不自由はありません。
 当センターにはインドネシアとベトナム
からの看護師、介護福祉士とその候補者
21名が働いています。多くの仲間と共に
日本の医療と介護を学んでいただきたいと思います。
mail お問合せはこちら  epa.fujimi@fujimihp.com