JA長野厚生連 富士見高原医療福祉センター 富士見高原病院  

高校生 一日看護体験!

当院では、看護の心を育むきっかけになればと、毎年、高校生の一日看護体験を実施しています。例年は入院病棟で実際の看護現場を体験していましたが、今年は、コロナウイルス感染症流行に伴い、会議室でシミュレーターを使用した体験をメインに行ないました。また、参加学生のみなさまにも、感染症対策を講じて実施いたしました。
 今回の参加してみようと思ったきっかけは、「テレビのドキュメント番組を見て看護師さんに憧れた」「倒れている人を助けている看護師さんを見て、自分もできるようになりたいと思った」「人と話をするのが好きだから」など様々です。将来、みなさまが看護師になり、また会える日がくることを願っています。

山梨県と長野県の高校生5名(白い白衣)が参加、聴診器で胸の音をききます。ドキドキ!
血圧を測定します。
シミュレーターを使って、採血体験、「本物みたい」
感染対策で使用する、個人防護具の着用を体験しました。
記念に、ハイチーズ!