JA長野厚生連 富士見高原医療福祉センター 富士見高原病院  

臨床工学技士Clinical Engineer(CE)は医療機器の専門医療職です。病院内で、医師・看護師や各種の医療技術者とチームを組んで生命維持装置の操作などを担当しています。また、医療機器が何時でも安心して使用できるように保守・点検を行っており、安全性確保と有効性維持に貢献しています。

 具体的には、医師の指示の下に血液浄化装置(人工透析装置)や人工呼吸器などの生命維持管理装置の操作や保守点検を業務とし、医学的・工学的な知識を持つ専門職(国家資格)として医療現場を支えています。

 

透析技術認定技士4名 3学会合同呼吸療法認定技士2名 ME2種技術認定技士5名 

日本臨床工学技士会会員6名 各種学会研究会への参加発表

【主な業務内容】
◆人工呼吸器など生命維持管理装置の操作及び保守点検の実施
◆人工透析室装置の操作と保守管理及び、人工透析で使用する水透析液の水質清浄化管理
◆人工透析を受けている患者様への穿刺や抜針などの人工透析業務
◆急性血液浄化や潰瘍性大腸炎などの特殊血液浄化分野での治療支援
◆血管カテーテル治療における医師の介助などの治療支援
◆ペースメーカ外来やペースメーカ交換手術でのプログラマ操作など
◆手術室における医療支援と手術室関連医療機器の保守管理
◆ペインクリニックにおける神経刺激療法業務
◆在宅人工呼吸療法患者の訪問などの在宅医療支援
◆医師、看護師やその他メディカルスタッフなどと共に、医療機器を用いたチーム医療の一員として患者の生命維持をサポート
◆その他の医療機器の点検や運用を計画するなどの医療機器保守管理業務
◆医療スタッフに向けた医療機器等の取扱講習会の開催