JA長野厚生連 富士見高原医療福祉センター 富士見高原病院  

・各診療科からの依頼による画像診断
・血管カテーテル検査および治療
・その他の血管造影(IVR)など

 職 医師名 専門分野等
放射線科部長  まつした ともひと
松下 智人
放射線診断、IVR(血管カテーテル検査・治療など) ・日本医学放射線学会放射線診断専門医 ・検診マンモグラフィ読影認定医

画像診断

CT・MRI検査の読影レポートの作成
診療放射線科で撮影された画像(写真)のほとんどは、コンピュータで一元管理されています。そのため以前に撮影された画像をすぐに引き出せます。以前の画像と比較することで、質の高い診断ができリアルタイムのレポートを作成を行います。

特殊検査

CT・ガイド下生検
CTを利用して体の深部にある病巣から確定診断に必要な細胞、組織を採取

血管カテーテル治療

動脈塞栓術
がんの栄養となる動脈のみを閉塞させ、がんを縮小させる喀血や胃潰瘍からの出血などの止血 外傷による出血(肝破裂、腎破裂、骨盤骨折)などの止血薬剤動注療法がんの栄養となる動脈だけに抗がん剤を注入する 重症急性膵炎に対する動注療法動注リザーバー留置術薬剤動注療法長期間行うために小さい装置を埋め込む その他BRTO、USガイド下門脈穿刺および静脈瘤塞栓術、静脈フィルター留置術、静脈ポート留置術など

その他、血管造影(IVR)

CTガイド下神経ブロック
慢性膵炎や膵がんによる難治性の疼痛の痛みをとる
CT,USガイド下ラジオ派焼却術
CTガイド下膿瘍ドレナージ