JA長野厚生連 富士見高原医療福祉センター 富士見高原病院  

看護部紹介

ごあいさつ
富士見高原医療福祉センターは、中央アルプスを望む伊那エリアから、八ヶ岳南麓エリアの山梨県までを主とした医療事業と福祉事業を展開しています。 そのなかで看護部は、当センターの「遠くの親戚よりも近くの高原病院」の理念の下、患者さんや利用者さんのことを中心に考えたケアを心がけています。 一つひとつを丁寧に、人と人の関わりを尊重し、そして笑顔を大切に、皆さまがご満足いただけるよう、質の高い看護を提供しています。 保健予防活動をはじめ、医療分野、介護分野、訪問看護分野など、幅広い分野で看護師、保健師が働いています。 得意分野を生かし、自らが理想とする看護を目指せる職場を、そして、自分自身が成長することができる職場を、共につくっていきましょう。 皆さんと、一緒に働ける日を楽しみにしています。

JA長野厚生連 富士見高原病院医療福祉センター
看護部長 西村 妙子

看護部教育方針

【目標】
 質の高い看護を提供するため、看護を深く理解し、技術にすぐれた人間性豊かな看護師の育成を目指す。
【方針】
1.専門職としての知識・技術・態度を身につけた看護師の育成を目指す。
2.地域医療に貢献できる看護職員を育成する。
3.教育プログラムを作成し、主体的、段階的に学ぶことができるようサポートする。
4.専門職業人として、自己啓発・自己研鑽に努める看護職員を育成する。

看護部理念

◆1分を惜しまず丁寧に
◆笑顔と優しさを持って、心の通い合う看護を提供します

キャッチフレーズ

そっと さしのべる手に 心を添えて

看護部教育プログラム:ラダー方式採用

ラダーⅠ(1年目)

ラダーⅡ(2年目)

ラダーⅡ(3年目)

◆研修目的
社会人。組織人としての自覚を持ち、専門職業人としての自立を流す。
◆研修目標
①富士見高原病院の沿革と厚生連の使命と役割を知る。
②看護部活動およびチーム看護の役割を知る。
③当院職員として、責任ある対応ができるように接遇について学ぶ。
◆研修実際
病院オリエンテーション
看護部オリエンテーション
発表「心に残った事例

卒業4ヶ月
・病棟に慣れる
・基礎知識、技術を身につける
卒業12ヶ月
・ベッドサイドケアが安全に実践できる
・受け持ち看護師として看護過程が展開できる

◆研修目的
メンバーシップが取れ看護の応用能力を発揮することができる。
自分としての看護観を見出し、事例検討を通し探求心を育てる。
看護の応用力を発揮し受け持ちナースとしての業務ができる。
◆研修目標
①必要時、助言を求めながら優先順位を判断し、適切な看護実務ができる。
②医療チームの一因として自己の役割を自覚、行動がとれる。
③患者及び家族とのコミュニケーションを理解し、より良い人間関係を築くことができる。
◆研修実際
6月:ケーススタディの選び方、進め方研修
7月:ケース決定
1月:ケーススタディ発表会
年間:基礎知識の応用
学習会を持ち知識を深めて応用実践できる。

◆研修目的
「QCサークル活動」を通してグループワーク・データの取り方を学び業務改善を行う。
◆研修目標
①問題解決手法を理解する。
②問題を構造化することにより、問題点・解決方法を考える。
◆研修実際
①グループワークで導き出された問題点から、取り組む第1回課題・調査内容を選定する。
②データのグラフ化
③取り組みをまとめ、発表する。

ラダーⅡ(4年目)

ラダーⅢ(5年目)

ラダーⅣ(中堅)

◆研修目的
プリセプターの役割を果たしながら自己成長を促す。
新人を育てることができる。
◆研修目標
①プリセプターシップの定義、目的が理解できる。
②プリセプターの役割が理解できる。
③年間計画が立てられる。
④プリセプターの機能が発揮できる。
⑤指導者としての能力を向上させる。
◆研修実際
①講義
②プリセプターとしての悩みなど意見交換する。
③職場ごとの新人カンファレンス
④グループワーク
⑤1年の振り返り、評価

◆研修目的
看護チームにおけるリーダー的役割を果たすための能力を身につける。
◆研修目標
①固定チームについて理解を深め、リーダーの役割・業務が明確になり現場に生かせる。
②看護チームの現状把握をし、問題解決にむけてリーダーシップを図れる。
◆研修実際
4月:固定チームナーシングにおいてのリーダーの役割
6月;ガントチャートの理解と活用
  カンファレンスの持ち方
9月:中間評価・意見交換
2月:目標の評価と、次年度への課題を発表

◆研修目的
一人ひとりが課題を持ち、自主的に研修に参加する。
自己の立場や役割を認識し、役割を果たせる。
専門的知識向上を目指し、自己研鑽に努める。
◆研修目標
①中堅としての自己の立場、期待されている役割が認識できる。
②専門的知識を髙め、現場で役立てることができる。
③取り組みを評価し、次年度に繋げることができる。
◆研修実際
◇看護倫理
◇認定看護師による専門研修
  感染・褥瘡
◇指導者研修